予想以上に配送料が高くてびっくりした経験談

持って帰るのが大変だから送ってしまおうなんて

予想以上に配送料が高くてびっくりした経験談
持って帰るのが大変だから送ってしまおうなんて、観光地から荷物を送る人も多いかと思います。ですが、予想以上に配送料が高くて驚いてしまったという経験はみなさんよくあるのではないでしょうか。
私はよくスキーに行きましたので、行きは自分で荷物を持って行くのですが、帰りは疲れてしまって持って帰りたくなくなってしまう衝動に駆られることがありました。
怪我をしたということもありましたしね。そういう時には、スキー一式と道具類、みんなへのお土産などをまとめて宅急便で送ったことがあります。確かに楽です。
駅についてからも持って帰らなくてもいいですしね。
ただ予想していたよりも配送料が高かったです。
これだったら、やっぱり自分で持って帰ればよかったと思うことが多々ありました。
それからは、怪我をしていない時には、少々疲れていても自分で持って帰るようにしました。
送料を貯めて、次のスキーの機会を作りたいですしね。配送料もばかになりませんから。

数年前のことになりますが

数年前のことになりますが、娘が専門学校を卒業後、我が家のある横浜から沖縄に引っ越して一人暮らしを始めました。

その年は東日本大震災のあった年で、飛行機が飛ぶかどうかもわからないような状態だったので、最低限の生活用品だけをトランクに詰めての出発でした。
初めは寮生活ということで布団や大きな家電用品はいらないとのことでしたが、それでも洋服や靴、ドライヤーなどを詰めると、大きなダンボール何箱にもなっていました。

我が家から歩いて数分の場所に宅配業者の集積センターがあります。重いので車で持ち込んだところ、二万円近くの配送料がかかって驚きました。
離島で航空便になると、配送料は急に高くなるようです。
あまりに配送料が高いので、本や趣味の道具が入っている箱は本当にいるものなのか、確認するまで送るのを見送りました。

その後、配送料が安くすむ方法がわかったのですが、初めからいろいろ業者を比較してみればよかったと後悔しました。

Copyright 2017 予想以上に配送料が高くてびっくりした経験談 All Rights Reserved.